たまりば

  グルメ・料理 グルメ・料理  国立市 国立市

2018年05月19日

谷保天満宮梅林 初夏の趣


今年の1月半ばに、突然「いた」黒と白の鶏2羽。特に黒ちゃんは、初日から梅林が気に入っており、すっかり皆さんの人気者。人懐っこいので、すぐに駆け寄ってきて、おねだりの首かしげポーズ。結構大きいので、迫力あります。いまのところ、ハクビシン等にやられることなく、すっかり馴染んだ様子。白ちゃんは、孤高の戦士らしく、単独で、参道辺りをうろついています。
天満宮の鶏たちも、だいぶ許容範囲を広げたようですが、まだ緊張感漂います。
梅の実も、だいぶ大きくなったようです。
夏まで、あっという間。でも、梅林は真夏でも木陰と神域の澄んだ空気感で、涼しく感じますので、ぜひ。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
谷保天満宮梅林 初夏の趣
    コメント(0)